特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

きょう決勝 連覇へ走る1年生 桐蔭学園・矢崎由高選手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トライを決めた桐蔭学園の矢崎由高選手=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月5日、藤井達也撮影
トライを決めた桐蔭学園の矢崎由高選手=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月5日、藤井達也撮影

 9日に決勝が行われる第100回全国高校ラグビー大会で連覇に挑む桐蔭学園(神奈川)に、全国の舞台で躍動するスーパー1年生がいる。フルバック矢崎由高選手は準決勝で3トライを挙げハットトリックを達成。優勝2回、準優勝5回を誇り「東の横綱」と評される全国屈指の強豪チームの中でも存在感を発揮している。

 180センチ、77キロと大柄で、50メートル走のタイムは6・1秒とチーム一の俊足を誇る。準決勝では前半、攻守共に素早い動きを見せる大阪朝鮮(大阪第2)を相手に攻めあぐね一進一退の攻防。12―12の同点で折り返したが後半開始直後の3分、俊足が切り込んだ。ゴール前30メートルの左中間ラックから右に展開されたボールを持ち込んでさらに右展開。右ライン際から戻ってきたパスを受け取ると、一気に加速し右中間に飛び込んだ。「前半個人的に良くないプレーが多かったが、後…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文938文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集