メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『和歌史 なぜ千年を越えて続いたか』=渡部泰明・著

『和歌史 なぜ千年を越えて続いたか』

 (角川選書・1870円)

両立する定型と自由

 和歌は7世紀前半までに形態が整えられ、少なくとも江戸時代までは生活に根づき、その命脈も保たれていた文化だった。では、なぜ和歌は続いたのか。なぜ人々は和歌という31文字の定型を手放さなかったのか。

 この大きな問いに挑んだ著者は、控えめにいってこの道の第一人者、客観的にいえば大家だ。だがこの大家、瑞々(みずみず)しい感性を武器に、和歌の力を軽快な筆致で解明しにかかるので、読みだしたら止まらない。31文字で勝負がつく世界を伴走してきた著者に、330頁(ページ)超の本を書かせたらどうなるか。面白いに決まっている。

 冒頭で「縄目なしには自由の恩恵はわかりがたいように、定型という枷(かせ)が僕に言語の自由をもたらした」との寺山修司の言葉が引かれる。和歌に必須の様式である「定型」が、意外にも制約ではなく「自由」と親和性の高いことを、寺山を例として読者の脳裏に鮮やかに刻む。では、定型と自由という組み合わせは、なぜ和歌で無理なく両立するのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです