メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡邊十絲子・評 『地上に星座をつくる』=石川直樹・著

『地上に星座をつくる』

 (新潮社・1925円)

旅先の数だけ「自分」がある

 石川直樹は「旅暮らし派」の最右翼だと思う。この本は月刊誌の連載をまとめたものだが、毎回が旅の話である。ダッカやサハリンなど旅先からの通信も多い。住民票をおいているという宮古島にも腰をおちつけることはなく、能登、知床、鹿児島と、国内もとびまわる。そのあいまに、世界第二位の高峰、K2に挑んでもいる。いや、K2は「あいま」に行けるような気楽な山ではないし、著者が長期にわたる周到な準備を重ねたこともわかっている。しかし、文章に没入するように読んでいるうちに、人生の一大事といえる旅と「あいま」の旅とが区別できなくなってしまうほど、どの旅も密度が濃いのである。

 著者は写真家だから、題材を求めてどんな辺境にも行く。極地や高山を題材にした写真集には、自分の全存在をかけて「そこにいることが困難な場所」にぶつかっているようすが表れている。しかしそれはそれとして、暮らしの中心が旅になる理由はなんだろう。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです