特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

渡邊十絲子・評 『地上に星座をつくる』=石川直樹・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『地上に星座をつくる』
『地上に星座をつくる』

 (新潮社・1925円)

旅先の数だけ「自分」がある

 石川直樹は「旅暮らし派」の最右翼だと思う。この本は月刊誌の連載をまとめたものだが、毎回が旅の話である。ダッカやサハリンなど旅先からの通信も多い。住民票をおいているという宮古島にも腰をおちつけることはなく、能登、知床、鹿児島と、国内もとびまわる。そのあいまに、世界第二位の高峰、K2に挑んでもいる。いや、K2は「あいま」に行けるような気楽な山ではないし、著者が長期にわたる周到な準備を重ねたこともわかっている。しかし、文章に没入するように読んでいるうちに、人生の一大事といえる旅と「あいま」の旅とが区別できなくなってしまうほど、どの旅も密度が濃いのである。

 著者は写真家だから、題材を求めてどんな辺境にも行く。極地や高山を題材にした写真集には、自分の全存在をかけて「そこにいることが困難な場所」にぶつかっているようすが表れている。しかしそれはそれとして、暮らしの中心が旅になる理由はなんだろう。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1335文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集