メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『花咲く大和言葉の森へ』=近藤健二・著

『花咲く大和言葉の森へ』

 (松柏社・2200円)

 国語学者・大野晋が晩年に力を入れていた仕事に日本語とタミル語の関係の立証ということがあった。南インドのこの言語と日本語の間には単語ならず文法でも偶然では説明できないほどの類似があると彼は言った。だから彼が編んだ『古典基礎語辞典』にはしばしば語釈の後にタミル語が添えられている。

 しかし彼の説に賛成する者は今の国語界には少ないらしい。たぶん南インドと日本が地理的に遠すぎるのだ。その間に仲介項として古代中国語を入れるというのが本書の面目。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 大規模火災にドローン威力 奈良県広域消防、3機運用 情報収集に貢献

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです