特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

きょう決勝 京都成章、悲願初Vか 桐蔭学園、堂々連覇か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 9日午後2時5分から、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われる。3大会連続で決勝に進んだ桐蔭学園(神奈川)は、第89~91回大会(2009~11年度)で3連覇した東福岡以来、史上9校目の連覇が懸かり、京都成章は初の決勝で頂点を狙う。【長宗拓弥】

桐蔭学園、理詰めの連続攻撃 京都成章、群がる攻撃的防御

 FWの圧力やスピード豊かな攻撃力で、桐蔭学園が優位に立つ。理詰めの連続攻撃で突破を図る桐蔭学園に対し、京都成章の組織的な防御が機能するかが最大の焦点になる。正確なタックルでロースコアの展開に持ち込み、好機を着実に得点につなげたい。

 桐蔭学園は伝統的に、FWとバックスが一体となった連続攻撃で防御ラインを突破するスピードが持ち味だ。さらに今回はFW8人の平均体重が約100キロと大会屈指の重量FWを擁し、相手をねじ伏せるパワーも兼ね備える。大阪朝鮮(大阪第2)との準決勝では、後半に戦術を変更してトライを重ねるなど修正能力の高さも際立っている。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1104文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集