メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あれ、みんな集まってる」 河野氏がオンライン記者会見で漏らした疑問のワケ

東京・赤坂の衆院議員宿舎からオンライン記者会見に臨んだ河野太郎行政改革担当相=内閣府で2021年1月8日午前11時28分、田辺佑介撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けテレワークに取り組んでいる河野太郎行政改革・国家公務員制度担当相が、8日の定例記者会見にオンラインで臨んだ。会見は順調に進んだが、記者側が会見室に集まっていたことに河野氏が疑問を呈し、ネット上でも「オンライン会見の意味がない」などの声が広がった。ちぐはぐな印象が残った会見の舞台裏とは。

 8日の会見では、ビデオ会議システム「Zoom」を使い、記者約20人が集まった内閣府の会見室と、河野氏が住む東京・赤坂の衆院議員宿舎をつないだ。河野氏は会見中「(記者が)それぞれZoomで入っていただけるのかと思っていた。会見室におそろいなので想定と違った」と驚いた様子を見せた。終了後もツイッターに、会見室の様子の写真とともに「あれ、先方はみんな集まってる」などと投稿したため、フォロワーらから「マスコミがついていけていない」などの投稿が相次いだ。ほぼ同時刻に隣室で、対面での記者会見をしていた平井卓也デジタル改革担当相も「(記者の)みなさんが集まるならばあまり効果はないと思う」と述べた。

目的は「大臣の隔離」、経緯伝わらず

 こうした指摘はいずれも、コロナ対策としての観点からだ。ただし今回のオンライン会見は、…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです