メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1都3県の客「お断り」 市が飲食店用の張り紙作成 静岡・御殿場

御殿場市が作成した張り紙=市のホームページより

[PR]

 政府が首都圏の1都3県に緊急事態宣言を再発令したことなどを受け、静岡県内の自治体は警戒感を強め、新型コロナウイルス感染症対策を強化した。

 緊急事態宣言の対象となった神奈川県と隣接する御殿場市は7日、4都県在住者と市民に対して、往来の「最大限の自粛」を求める若林洋平市長のコメントを発表。市内飲食店向けに主に4都県からの客の入店を控えるよう求める「一見(いちげん)さんお断り」と記した張り紙を作成した。「店主・御殿場市」の表記があり、市のウェブサイトからダウンロードできる。張り出すかどうかは店の判断に委ねられる。

静岡市検査拡充

 静岡市は8日、葵区の繁華街のバーなどを対象に行っている無料のPCR検査(遺伝子検査)について範囲を広げ、駿河区、清水区の繁華街も対象に加える。新たに400店舗で1600人の従業員の受検を見込む。申し込みは14日まで。

 市は2020年12月上旬に葵区両替町などの繁華街にあるバーやキャバレーなどの約1000店舗の従業員を対象にしたPCR検査を開始。1月7日までに316店舗で1112人の結果が判明しているが、感染者は確認されていない。

 浜松市の鈴木康友市長は7日、「感染が長期化すると、緩みがちになるので、感染症対策の徹底が必要。市民、事業者の皆様に予防の取り組みに協力をお願いする」とのメッセージを出した。【長沢英次、古川幸奈、福沢光一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです