特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

一度も黒字なし、年金でカバー ワンコイン食堂の心意気 群馬・桐生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
はっちゃんショップを経営する田村はつゑさん=群馬県桐生市相生町で2020年11月19日午後3時半、大澤孝二撮影
はっちゃんショップを経営する田村はつゑさん=群馬県桐生市相生町で2020年11月19日午後3時半、大澤孝二撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、不特定多数が出入りする飲食店は大打撃を受けた。そんな中、群馬県桐生市の食堂「はっちゃんショップ」が、採算度外視のワンコイン(税込み500円)で客におなかいっぱい食べてもらうスタイルを変わらずに貫いている。バイキング形式で並ぶブリの煮物に焼きそば、鶏皮の炒めもの――。コロナ禍でも、経営する田村はつゑさん(85)の「お袋の味」を求める客は絶えることがない。

 午前11時半の開店前には常連客が並び、30席はすぐに埋まってしまう。ご飯とみそ汁、10種類以上の料理が食べ放題で、季節によって野菜や魚を変えて客を飽きさせない工夫もしている。それでいて、1997年の開業時から中学生以上500円、小学生以下無料という破格の価格設定は変えていない。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1142文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集