特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

読む写真

青空成人式、直前で無観客に… それでも新成人は前向き「無駄じゃない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナ感染対策として草薙球場で開かれた静岡市の成人式。感染者の急増でオンライン配信形式に変更され、無観客で始球式が行われた=静岡市駿河区で2021年1月3日、喜屋武真之介撮影
新型コロナ感染対策として草薙球場で開かれた静岡市の成人式。感染者の急増でオンライン配信形式に変更され、無観客で始球式が行われた=静岡市駿河区で2021年1月3日、喜屋武真之介撮影

 静岡市駿河区の草薙球場のマウンドから新成人の矢原正信さん(20)が投じた球は、青空の下で弧を描きキャッチャーミットに収まった。「お見事!」。始球式を実況する司会者の声が無観客の球場にこだました。新型コロナウイルス感染対策で初めて屋外で開催された同市の成人式は3日、運営する一部の新成人らで、ひっそり行われた。昨年末までは同球場に約4300人が集まる予定だったが、全国的な感染者の急増を受けてオンライン配信形式に変更された。

 同市では実行委員会の新成人17人が、約半年前から式典の企画を準備。「密」を避けるため参加者は約1万4000人収容の内野スタンドに2席ずつ空けて座る予定だった。しかし、東京や愛知の都市部など県外で暮らす新成人の帰省を促し、大勢を集める式は感染を広げる恐れを拭えず、市は直前に苦渋の決断をした。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文559文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集