メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

青空成人式、直前で無観客に… それでも新成人は前向き「無駄じゃない」

新型コロナ感染対策として草薙球場で開かれた静岡市の成人式。感染者の急増でオンライン配信形式に変更され、無観客で始球式が行われた=静岡市駿河区で2021年1月3日、喜屋武真之介撮影

[PR]

 静岡市駿河区の草薙球場のマウンドから新成人の矢原正信さん(20)が投じた球は、青空の下で弧を描きキャッチャーミットに収まった。「お見事!」。始球式を実況する司会者の声が無観客の球場にこだました。新型コロナウイルス感染対策で初めて屋外で開催された同市の成人式は3日、運営する一部の新成人らで、ひっそり行われた。昨年末までは同球場に約4300人が集まる予定だったが、全国的な感染者の急増を受けてオンライン配信形式に変更された。

 同市では実行委員会の新成人17人が、約半年前から式典の企画を準備。「密」を避けるため参加者は約1万4000人収容の内野スタンドに2席ずつ空けて座る予定だった。しかし、東京や愛知の都市部など県外で暮らす新成人の帰省を促し、大勢を集める式は感染を広げる恐れを拭えず、市は直前に苦渋の決断をした。

 緊急事態宣言の再発令に伴い、各地の成人式は中止や延期など変更が相次いでいる。市の担当者は「屋外開催や感染対策など初めてのことが多く大変だったと思う。できれば予定通り開催させてあげたかった」と振り返る。実行委員長を務めた矢原さんは「(直前の変更に)驚きや戸惑いはあったが、新たな形での成人式ができたと考えれば無駄ではない。壁にぶつかったときに前を向き続けられる大人になりたい」と語った。【喜屋武真之介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです