特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪府は14日から独自措置へ 緊急事態と同様の時短要請 政府の判断待たず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宣言発令の要請を前に、オンラインで会談する兵庫県の井戸敏三知事(上)、京都府の西脇隆俊知事(下左)、大阪府の吉村洋文知事=大阪市中央区の大阪府庁で2021年1月9日午前10時32分、加古信志撮影
宣言発令の要請を前に、オンラインで会談する兵庫県の井戸敏三知事(上)、京都府の西脇隆俊知事(下左)、大阪府の吉村洋文知事=大阪市中央区の大阪府庁で2021年1月9日午前10時32分、加古信志撮影

 関西圏で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しているとして、大阪、兵庫、京都の3府県知事は9日、西村康稔経済再生担当相とオンラインで会談し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発令を要請した。西村氏は会談後、「極めて厳しい状況にあるとの認識を共有した」と語ったが、宣言発令の早期判断に慎重な姿勢を示した。しかし、吉村洋文大阪府知事は政府の判断を待たず、14日から府内全域で首都圏と同様の感染防止対策を独自に始める考えを明らかにした。

 吉村知事らは「年明け以降に感染が急拡大し、医療体制は非常に逼迫(ひっぱく)している」と宣言の早期発令を求めた。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1055文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集