特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「第3波」が新成人の晴れ舞台に影 中止か、延期か、分散対応か…自治体苦慮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知県豊田市は7日、緊急事態宣言発令地域から参加する新成人の参加自粛をホームページ上で呼びかけた
愛知県豊田市は7日、緊急事態宣言発令地域から参加する新成人の参加自粛をホームページ上で呼びかけた

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で迎える今年の成人式。東海3県の一部自治体では「第3波」の感染急拡大を受け、延期や中止を決めた。緊急事態宣言対象地域からの参加自粛を要請する自治体もあり、コロナの猛威が新成人の晴れの舞台に暗い影を落としている。

 10日にほとんどの自治体で式典が開かれる愛知県。政府が東京など首都圏1都3県を対象に緊急事態宣言の再発令を決定した7日、同県豊田市は宣言対象地域から帰省する新成人に参加自粛を要請することを決め、市ホームページ(HP)上で呼びかけた。宣言発令を受け、首都圏の参加予定者から「参加できるのか」との問い合わせが数件あったため、市の見解を打ち出した。市担当者は「あくまでも『お願い』であって体調の問題がなければ参加は可能」としている。同県岡崎市も宣言が出た地域に、成人式(10日)前から2週間以内の滞在歴がある新成人の参加自粛を呼びかける。担当者は「参加者自身が判断してほしい」と話す。

 中止を決めたのは同県長久手市。愛知医大病院(同市)や公立陶生病院(同県瀬戸市)など近隣には感染者を受け入れる基幹病院があり、成人式がきっかけで感染拡大が起きた場合、治療が必要な患者の受け入れが困難になるケースが想定されるためだ。市の担当者は「命に関わることなので」と理解を求める。愛知県ではほかにも、春日井市が5月への、小牧市が9月への延期を決めた。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1287文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集