特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー 京都成章、悲願の初優勝ならず 「模範」桐蔭学園に真っ向勝負

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-京都成章】前半、タックルを受けながらパスを出す京都成章の松沢=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、藤井達也撮影
【桐蔭学園-京都成章】前半、タックルを受けながらパスを出す京都成章の松沢=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の9日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、京都成章は連覇を狙った桐蔭学園(神奈川)に15―32で敗れ、初優勝はならなかった。

 この1年「模範」としてきた相手に真っ向から勝負を挑んだ京都成章だが、悲願成就はならなかった。

 桐蔭学園が御所実(奈良)を降した前回大会の決勝後、湯浅泰正監督は思った。「これが優勝するチームか。自ら相手を観察し、修正する力がある」。前半はキックを駆使して相手陣でゲームを進め、後半はボールを保持する戦術に変更し、バックスの走力も生かして逆転した「東の横綱」の選手たちに感銘を受けた。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1636文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集