特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

優勝の桐蔭学園は1、2年生活躍 「花園で成長」目指すは3連覇 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-京都成章】前半、桐蔭学園の今野がキック成功=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、久保玲撮影
【桐蔭学園-京都成章】前半、桐蔭学園の今野がキック成功=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)は最終日の9日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、桐蔭学園(神奈川)が京都成章を32―15で降し、2大会連続3回目の優勝を果たした。

 桐蔭学園の2年生WTB今野は、相手ゴール前で突破を図ったロック青木を視界に捉え、「次」を予測して外側でパスを待った。

 後半5分、京都成章から2人がかりのタックルを受けても倒れずに踏ん張った青木から狙い通りのパスを受けた今野は、インゴールへ飛び込んだ。リードを「安全圏」の12点差に広げる貴重なトライ。「恵斗君(青木)を信頼している。ごっちゃんでした」と、頼れる先輩に感謝した。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文588文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集