特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

100回目の「顔」は桐蔭学園・青木 決勝でも規格外のトライ 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-京都成章】前半、桐蔭学園の青木がラックを飛び越えてトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、久保玲撮影
【桐蔭学園-京都成章】前半、桐蔭学園の青木がラックを飛び越えてトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の9日、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われ、桐蔭学園(神奈川)が京都成章を32―15で降し、2大会連続3回目の優勝を果たした。桐蔭学園のロック青木恵斗(3年)は前半の逆転トライなどチームの勝利に大きく貢献した。

 まさに規格外のトライだった。3点を追う前半19分、相手ゴール前のラック。ボールを持ち出すと大股で突進し、止めようと絡みつく3人を物ともせずインゴールで押さえた。「自分が流れを作らなくちゃと思っていた」。身長187センチ、体重110キロの大黒柱がチームに勢いをつけた。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文770文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集