特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

愛称は「ジャイアン」 京都成章・本橋、決勝で意地のトライ 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-京都成章】試合終了間際、京都成章の本橋が右端にトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、久保玲撮影
【桐蔭学園-京都成章】試合終了間際、京都成章の本橋が右端にトライ=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の9日、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われ、初めて決勝に進んだ京都成章は桐蔭学園(神奈川)に15-32で敗れた。ロックの本橋拓馬(3年)は後半にトライを挙げるなど存在感を見せたが、初の頂点には届かなかった。

 3年分の思いを込めて、右手につかんだボールを力強く花園の芝にたたきつけた。22点を追う試合終了間際に見せた意地のトライ。193センチ、113キロの恵まれた体格と突破力を兼ね備えた、大会屈指の大型ロックらしい豪快なプレーだった。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文655文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集