特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

桐蔭学園、憎らしいほど強い「横綱相撲」で連覇 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-京都成章】前半、ディフェンスをかわし攻め上がる桐蔭学園の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、藤井達也撮影
【桐蔭学園-京都成章】前半、ディフェンスをかわし攻め上がる桐蔭学園の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)は最終日の9日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、桐蔭学園(神奈川)が京都成章を32―15で降し、2大会連続3回目の優勝を果たした。連覇は第89~91回大会(2009~11年度)で3連覇した東福岡以来9校目で、関東勢では第73、74回大会(1993、94年度)の相模台工(神奈川)以来の快挙となった。神奈川勢の優勝は6回目。

 同点の後半2分。桐蔭学園は相手陣深くでボールを失った。好機を逸したかに思えたが、あらゆる事態を想定した理詰めのラグビーで状況を一変させた。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文979文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集