メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

歓喜の連覇 桐蔭学園、後半に底力 /神奈川

【桐蔭学園-京都成章】前半、桐蔭学園の榎本がスクラムからのボールを受けて突進=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月9日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)は最終日の9日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があった。県代表の桐蔭学園は京都成章(京都)を32―15で降し、2年連続3回目の優勝を果たした。先制を許した桐蔭学園だったが同点で前半を折り返すと、後半は3トライを挙げ京都成章を圧倒した。同校としては初、史上9校目となる連覇を達成。桐蔭学園ラグビー部の歴史に新たな1ページが加わった。【宮島麻実】

 ノーサイドの笛が鳴った瞬間、無観客の花園に歓喜の声が響き渡った。「よっしゃー!」。選手たちは連覇の偉業に両手を高く突き上げ、仲間と抱き合って喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “耳寄り”な話・TBSラジオ 「生活は踊る」 今春5周年

  2. けいざいフラッシュ 日本酒の新価値創造へ

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 内閣府新庁舎に473億円 「霞が関最後の一等地」に計画 コロナ禍、必要性に疑問も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです