メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

舞い躍る、極薄おぼろ昆布 光る熟練の職人技 堺・郷田商店 /大阪

職人が刃を左右にリズミカルに動かすと極薄のおぼろ昆布がふわりと舞う=堺市堺区で2020年12月8日、木葉健二撮影

 シャッ、シャッとリズミカルな包丁の音が響き、極薄のおぼろ昆布がひらひらと舞う。堺市堺区の昆布加工業「郷田商店」は手すきでおぼろ昆布を製造している。

 熟練の職人が材料の昆布の端を足袋を履いた右足で押さえ、もう一方を左手で持って右手に持った包丁で削ると、向こう側がすけて見えるような薄い昆布が舞い躍りながら落ちていく。

 材料には北海道産の真昆布を使う。前日、穀物酢に5分ほど漬け、一晩寝かせる。酢は創業以来、継ぎ足して使っているもので、昆布のうまみ成分が溶け込んでいる。漬ける時間は季節や天候、昆布の厚さによって異なり、経験と勘が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです