連載

あつまれ!四国人の味

四国各地の昔懐かしい、郷土の一品・食材を紹介します。

連載一覧

あつまれ!四国人の味

徳島 スパゲティと揚げ春巻き 家族の長寿願い 祖国の思い出、日本でも /四国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
甘いバナナケチャップを使ったフィリピン風スパゲティや揚げ春巻き「ルンピア」を手にするサイリルさん(左)と、妻のカミールさん=徳島市東船場町1のterrace38で
甘いバナナケチャップを使ったフィリピン風スパゲティや揚げ春巻き「ルンピア」を手にするサイリルさん(左)と、妻のカミールさん=徳島市東船場町1のterrace38で

 徳島市のカフェダイニング「terrace38」で、フィリピン料理を振る舞うフィリピン人のサイリル・ベダンニャさん(29)は、正月になると母が作ってくれたフィリピン風スパゲティと、ひき肉入り揚げ春巻き「ルンピア」を紹介してくれた。新型コロナウイルスの影響で香港に住む両親と約1年会えていないが、新型コロナが収束し、家族との食卓を待ち望んでいる。

 フィリピンのスパゲティは太麺で柔らかく、ファストフード店で出るほど身近だという。ソースは、ソーセージや細かく刻んだ野菜、トマトピューレに加え、バナナが原材料の「バナナケチャップ」を使う。赤いがトマトは使っておらず、トマトケチャップより甘みが強い。フィリピンでは一般的で、terrace38で作るソースにも使う。日本人の口に合うように甘さ控えめに作られるが、ミートソースより甘口だ。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文988文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集