メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「寒の内に雪がたくさん降ると…

[PR]

 「寒(かん)の内に雪がたくさん降ると、その年は豊年」「寒に霜の多い年は夏日照りがある」――昔のことわざだ。寒の内、寒中は小寒の初めから大寒の終わりまでの約30日間、1年で最も寒いとされる時季である▲ことわざによれば、昔の人は寒の内の天気にその1年の気候が表れると考えていたらしい。この考え方にもとづいて、東北地方では寒中の天候の推移から、1年の気候の変遷を読み取る「寒試し」と呼ばれる天気予測も行われた▲夏の冷害が飢饉(ききん)に直結した昔、冬ごもりの暮らしの中でその年の天候を占う人々の気持ちの切実さには胸を打たれる。そして今、寒中とも重なり合う約1カ月間のステイホームの暮らしが今年1年間を左右するコロナ禍の冬となった▲おりしも今冬3波目の強烈な寒波に襲われた「寒中」の列島である。宮城県の古川など全国20地点で観測史上1位の冷え込みを記録し、日本海側の降雪も続いて富山市では35年ぶりの大雪となった。雪にはきょうも警戒が必要という▲寒の内は春からの1年の仕込みの期間という考え方は、人の成長や進境についてもあった。武道や芸事に寒稽古(かんげいこ)、寒(かん)復習(ざらい)があるのも、寒中の試練こそが春の飛躍をもたらすという発想ゆえだろう。今なら受験生の心境に近いだろう▲人のあらゆる営みをのみ込むコロナ禍が、感染拡大の続く各地で人々に強いる冬ごもりである。やってくる春に私たちは新たな暮らしのサイクルを起動できるのか。その答えが仕込まれる寒中の試練の日々だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです