メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 3年目、仲邑初段に聞く 藤井王位・本田3姉妹が好き

振り袖姿で碁盤に向かう仲邑菫初段=大阪市内で(家族撮影・提供)

 <第8期会津中央病院・女流立葵杯予選>

 2019年4月、史上最年少の10歳0カ月で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫初段(11)は、21勝17敗の成績で20年の戦いを終えた。1月の手合は、前年に勝ち上がった棋戦で対戦相手が強くなったこともあり1勝5敗と厳しさを味わった。しかしその後持ち直して、トータルの勝ち星は前年を四つ上回り、「去年より多く勝ちたいと思っていたのでよかった」と笑顔を見せた。今年1月1日付で日本棋院関西総本部から東京本院に移籍し、4月の中学入学に合わせ大阪から転居する。若きライバルがひしめく東京でどんな成長を見せるか。メールによるインタビューで将来の目標などを聞いた。

 まずはコロナ禍に翻弄(ほんろう)された昨年を振り返り、「中国、台湾、韓国に行く予定でしたが、コロナで行けなくなったのが残念でした」と答えた。日本の囲碁界は中韓を猛追しているが、差の要因について、「勉強量の違いはあると思います」とし、自身も学校のない日は9時間ほど囲碁に取り組んでいるという。

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです