新型コロナ 国内死者4000人超 医療逼迫、18日間で1000人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスによる国内の死者は9日、全国で新たに59人確認されて4035人となった。2000人から3000人に到達するまでは1カ月かかったが、4000人まではわずか18日間だった。全国で感染が急拡大するなか、死者の増加ペースも加速している。

 毎日新聞の集計では、最初の死者の確認から1000人までは158日間、1000人から2000人までは125日間を要したが、11月以降の「第3波」で感染が急拡大したのに合わせて死者が…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集