メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死刑迫る米国の女性 胎児誘拐は「性的拷問が生んだ」 弁護団、減刑求め嘆願書

リサ・モンゴメリー死刑囚=弁護団提供

 彼女が犯した罪は許されないものだった。だが、女性として受けてきた虐待も筆舌に尽くしがたいものだった。心を深く病んでいた。リサ・モンゴメリー死刑囚。52歳。16年前、妊婦の腹から胎児を取り出し、誘拐した。トランプ米政権は昨年7月、連邦レベルで停止してきた死刑の執行を17年ぶりに再開。モンゴメリー死刑囚はその一人として、決定が覆されなければ12日に刑が執行される。連邦レベルでの女性の死刑執行は67年ぶりになる。

2004年12月の事件と想像を絶する生い立ち

 2004年12月、中西部ミズーリ州で妊娠8カ月だったボビー・スティネットさん(当時23歳)が自宅で絞殺され、腹部を切り裂かれて胎児が奪われているのが見つかった。当時、隣のカンザス州に暮らし、「犬を購入したい」とスティネットさん宅を訪れていたモンゴメリー死刑囚が犯行を認め、逮捕された。捜査員が訪れた時、ソファで奪った赤ん坊をあやしていた。赤ん坊は救出された。

 判決などによると、モンゴメリー死刑囚はその年の春から再婚相手らに妊娠したと話していた。だが、彼女は約10年前、母親に強制され不妊手術を受けていた。それを知る元夫は事件前、モンゴメリー死刑囚が不妊手術を受ける前に生まれていた子どもの親権を奪おうと「ウソを暴露する」と脅迫。虐待で長年のトラウマに苦しんでいた彼女は、実際に出産しなければ暴力の絶えなかった元夫に子どもを奪われると追い詰められ、精神障害を引き起こして「瀬戸際を超えた」(現在の弁護団)。

 07年10月、連邦地裁の大陪審は死刑を勧告し、上訴も却下された。事件の事実関係に争いはない。ただ、12年に結成された現在の弁護団が数百人の関係者に聞き取り調査をして明らかになったのは、モンゴメリー死刑囚の幼少期からの想像を絶する虐待だった。そして、弁護団によると、その生い立ちは当時の裁判で陪審員にほとんど説明されていなかった。

 モンゴメリー死刑囚の父親は、彼女が幼少期に家を出て行った。彼女は異母姉とともに、アルコール中毒だった母親から殴るなどの虐待を受けるようになる。普段からテープで口を塞がれ、小さな脳は泣かないことを学んだ。初めて口にした言葉は「たたかないで。痛いよ」だった。当時8歳だった姉は夜中、部屋に入ってきた母親の交際相手から何度もレイプされた。3歳だったモンゴメリー死刑囚は、同じベッドの手が届く隣で横になっていた。

性的虐待はエスカレート 救えなかった社会

 直接の性…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文2087文字)

隅俊之

2000年入社。広島支局、神戸支局、大阪社会部、上海支局を経て、19年4月からニューヨーク支局。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです