メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の混乱「米国衰退の兆候ではない」 米紙コラムニストが読むバイデン外交の課題

米バード大教授のウォルター・ラッセル・ミード氏=ハドソン研究所ウェブサイトより

 今月20日に発足するバイデン次期米政権が直面する外交課題を米バード大教授のウォルター・ラッセル・ミード氏に語ってもらった。

 国際秩序を維持することはますます困難になっている。世界各国で混乱も起きている。何がこうした状況を生み出したのかといえば、それは(ITなどの進展が社会の変革をもたらす)情報革命だ。

 情報革命により、国家、企業、家庭のあり方が変わった。西側国家の秩序は、安定した中間層がいることを前提に成り立っていた。中間層には、工場労働者や事務職の人たちが含まれていた。しかし、情報革命がこうした仕事を急速に減らしてしまった。人々は、自分の経済的安定が心配になり、自国政府には、まずは国内問題に注力するよう求めるようになった。その結果として、国際的な問題の解決がより難しくなった。

 米国の混乱ぶりをみて「米国は衰退している」という人がいるが、果たしてそうだろうか。私が小学生の頃、ソ連(当時)が衛星「スプートニク」を打ち上げた。「米国は技術的にソ連に追い抜かれた」と認識された。ベトナム戦争のさなかには「米国は道を誤り、もう二度と復活しない」と指摘された。「経済的に日本に追い抜かれる」と言われた時期もあった。イラク戦争では「米国の世界的な指導力は失われた」と言われた。こうして見ると、米国の国力を巡る危機意識は第二次世界大戦後、ずっと続いてきた。

 米国は資本主義に基づいた国家だ。資本主義は本質的に常に変革を求める仕組みだ。資本主義は、経済や文化、国際政治にまで変化をもたらしてきた。世界中のどこかで大問題が起きると、そのたびに「米国の衰退の兆候」と指摘されてきたが、歴史はそれほど単純ではない。混乱が生じることを米国衰退の証拠と考えるのはやめるべきだ。

喫緊の課題は中国に「力で台湾を奪えない」と理解させること

 時計の針を戻すことはできない。バイデン次期米政権は、まず…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです