メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「聖地巡礼」に沸く雲取山 鬼滅の刃・炭治郎のルーツ 山梨・丹波山村

「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎らの出身地のモデルとされる雲取山=山梨県丹波山村提供

[PR]

 東京、埼玉、山梨の1都2県にまたがる雲取山(2017メートル)が熱い視線を浴びている。人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の出版元が販売する公式ファンブックで主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)らの出身地と紹介され、2019年秋ごろから雲取山周辺を訪れる鬼滅ファンが目立つようになった。

 雲取山は日本百名山の一つに数えられる東京都内で最高峰の山で、都心からアクセスしやすく紅葉シーズンは多くの登山者でにぎわう。和歌山県の大雲取山や小雲取山が名前の由来とされ、雲取は「雲を手に取ることができるほど高い山」という意味を持つ。

 鬼滅ファンの“聖地巡礼”に沸くのは、雲取山の登山口の一つがある、ふもとの山梨県丹波山村だ。村中心部の「道の駅たばやま」では、従業員らが炭治郎の羽織と同じ市松模様の法被姿で観光客を出迎える。「鬼滅ブームに乗って村をPRしたい」と、道の駅では駐車場や登山口につながる林道沿いなどに「丹波山村 雲取山」とデザインされたのぼり旗を立てたり、売店で鬼滅関連グッズを販売したりもしている。

「道の駅たばやま」の駅長、野崎喜久美さん。売店では鬼滅グッズを販売している=山梨県丹波山村で2020年12月17日、金子昇太撮影

 元村教育長で道の駅駅長の野崎喜久美さん(59)は鬼滅ファンの来訪について「作品には人を思いやる場面がたくさん出てくる。描かれている温かい雰囲気は村と重なるところもあるのではないか」と歓迎している。

山梨県丹波山村

 さらに炭治郎と丹波山村には共通点がある。炭焼きだ。作品では炭治郎が木炭を担いで山を下り、町に売りに出かける場面が描かれているが、村はかつて「炭焼きの村」と呼ばれ、昭和中期まで木炭作りが盛んだった。1981年に村が発行した村誌によると、出荷量がピークを迎えた55年ごろには全戸の約半数が炭焼きに従事していたという。

木炭を運んだ背負子(しょいこ)を手に、炭焼きをしていたころの話をする木下勲さん=山梨県丹波山村で2020年12月17日、金子昇太撮影

 かつて炭焼きをしていた木下勲さん(89)は「40~50キロくらいの炭を背負って、1時間半くらいかけて山を下りていた」と振り返る。山林で伐採した木を石窯で焼いて木炭を作り、俵に詰めて下山する。木炭は農閑期の貴重な収入源となっていたという。「体力と根気のいる仕事だったが、充実していた」と懐かしむ。

 木炭は燃料として家庭などでも広く使われていたが、石油やガスの普及に伴って需要が落ち込み、村の炭焼きは次々と廃業していった。村の担当者は「『鬼滅の刃』を通して失われつつある文化に興味をもってもらえたら、ありがたい」と炭焼きが脚光を浴びることを喜ぶ。【金子昇太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです