メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「支えてくれた人のこと忘れず」 東日本大震災被災地で成人式 亡き友思い出し

成人式で司会を務めた佐藤楓華さん(左)=宮城県石巻市の河北総合センターで2021年1月10日午後2時7分、百武信幸撮影

 2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市で10日、成人式が開かれた。児童74人が津波の犠牲になった市立大川小の当時の4年生も新成人となり、この日を迎えられなかった友への思いも胸に、式典に臨んだ。

 新型コロナウイルス禍のため、晴れ着にマスク姿で静かに始まった成人式。国歌斉唱前、司会を務める看護専門学校2年の佐藤楓華(ふうか)さん(19)が「感染予防のため、声は出さず心の中で斉唱願います」と呼び掛けた。

 10年前の3月11日。楓華さんは大川小の4年生教室で、10歳という「2分の1成人」を迎えた感謝を両親らへ伝える歌を録音している時、地震に遭った。この日が誕生日だった親友と永遠の別れの日となり、18人いたクラスは新5年生の新学期には4人となった。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです