メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たな変異株に感染 ブラジルから到着の4人 英、南アと異なる株 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

[PR]

 厚生労働省は10日、ブラジルから羽田空港に到着した10~40代の男女4人が新型コロナウイルスの新たな変異株に感染していたと発表した。同省によると、英国と南アフリカで見つかった変異株と共通する部分もあるが、異なる株という。国立感染症研究所の脇田隆字所長は「感染力や重症度、検査法やワクチンへの影響は不明」と話している。

 同省によると、4人はブラジル・アマゾナス州から2日に到着し、空港検疫で陽性が判明した。40代男性は到着時は無症状だったが、呼吸状態が悪化し入院。30代女性と10代男性は咽頭(いんとう)痛や発熱などの症状があり、10代女性は症状がない。

 さらに同省は、英国からの入国者との濃厚接触者など東京都内在住の男女3人が新型コロナの変異株に感染していたと発表した。英国に滞在歴がある男性感染者と健康観察期間中に会食した20代の男女2人と、昨年12月25日に英国から帰国した20代男性。いずれも不特定多数との接触はないという。【御園生枝里】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです