横浜市長、帯状疱疹で入院 11日の成人式は欠席

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
林文子・横浜市長
林文子・横浜市長

 横浜市は10日、林文子市長(74)が帯状疱疹(ほうしん)と診断され、同日から市内の病院に入院したことを明らかにした。一週間程度入院する見通しで、11日の成人式への出席は取りやめる。

 市によると、林氏は8日に「耳が痛い」などと体調不良を訴え、公務後に市内の病院を受診し帯状疱疹と診断された。症状が治ま…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

あわせて読みたい

注目の特集