メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく全国1位探求

福島・全国新酒鑑評会金賞数 技術共有、杜氏研さん 「日本酒の神」マニュアル、近道示す

福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センターの鈴木賢二副所長=福島県会津若松市一箕町ので2020年10月14日、三浦研吾撮影

 日本中の酒蔵が新酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で、福島県は特に優秀と認められた金賞の受賞銘柄数が2019年まで7年連続で全国最多だ。数々の銘酒で知られる東北地方の中でも存在感を示す。なぜ福島産が評価されるようになったのか。

 日本酒の神――。そう呼ばれる男性が、福島県にいる。県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター副所長の鈴木賢二さん(59)。岩手大農学部を卒業後の1985年、福島県職員として採用され、みそやしょうゆなどを研究した。93年、同センターで酒蔵への技術支援の担当になった。当初は杜氏(とうじ)の技術の良しあしさえ理解できず、どんな助言をしていいのか分からなかった。

 日本酒の国内出荷量は70年代をピークに減少傾向が続く。手を打たなければ福島の日本酒産業が廃れてしまうという危機感を背景に、酒蔵は「(鑑評会で)金賞を取りたい」と努力を重ねていた。その熱意に押され、鈴木さんはひたすら酒造りのノウハウを模索し続けた。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです