メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

困窮者に支援を /東京

 年末年始に、新型コロナウイルスの感染拡大で経済的な打撃を受け住居を失った人などの相談にのる取り組みにボランティアで参加した。厚生労働省の調べでは新型コロナ関連の失職は8万人に上る。

 失職は大きな打撃だが、雇用保険給付や蓄えがあれば、住居を失わず何とか乗り切ることができるだろう。だが、非正規雇用など不安定な仕事に就く人たちは、蓄えが十分でなかったり、雇用保険給付…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです