希望新聞

東日本大震災10年へ そしていま ここで友人と会える

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「夫はいつもミミと一緒に寝ていたね」。宮城県東松島市の岩井光子さん(79)は、津波で帰らぬ人となった夫の孝悦(たかよし)さん(当時68歳)が可愛がっていた愛猫のミミを抱きながらつぶやいた。

 東日本大震災の地震が起きた時、2人で暮らしていた自宅が停電したため、夜を心配した孝悦さんは海岸近くにある職場へ発電機を取りに向かった。「すぐ戻ってくるからっ…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集