メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック コロナでも心の距離は離さず

 <くらしナビ ライフスタイル>

感染症グローバル化 自国第一主義が拡大 今後の働き方は課題

 2020年は新型(しんがた)コロナウイルスの感染拡大(かんせんかくだい)で日本も世界も振(ふ)り回(まわ)された一年でしたが、これをきっかけに新しい時代が見えてきたと思いませんか。働き方も学び方も、社会の仕組みが大きく変わろうとしているのです。

 中国の武漢で新型肺炎(はいえん)の患者(かんじゃ)が発生しているのが判明したのは19年の暮(く)れでした。原因は新型コロナウイルスだと20年1月には特定されましたが、あっという間に世界中に感染が拡大しました。

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです