連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

高校の部活で自主性学ぶ=社会人野球・ホンダ主将 福島由登さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

福島由登(ふくしま・ゆうと)さん

 昨年12月3日の都市対抗野球大会決勝で最終回に救援登板し、優勝の瞬間はマウンドに立っていました。全国優勝は大阪桐蔭高3年の夏の甲子園以来2回目ですが、社会人では入社8年目で初の経験だったのでうれしかったです。

 小学2年の時、2歳上の兄と野球チームに入りました。練習がない日も野球好きの祖父に教わりながらキャッチボールなどをしていました。共働きだった両親には「勉強できへんのやったら野球はやめろ」と厳しく育てられました。中学の時は硬球を使うリトルシニア。「プロを目指すなら県外の強豪校に行こう」とプロ選手を輩出していた大阪桐蔭高に進みました。

 練習も寮生活も厳しかったのですが、野球をやめたいとは思いませんでした。プロ野球選手になるという目標があり、根っからの負けず嫌いだったこともあるかもしれません。勉強は数学が得意で、野球部で唯一、(学力で)一番上のクラスに入りましたが、自主学習をしないとついていけないレベルだったので、2年になる時に先生に頼み、クラスを下げてもらいました。授業後は野球の練習を優先し、勉強する時間がなかったため、授業中…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文1072文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集