メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スノーボード W杯 ビッグエア 村瀬、今季初戦2位

 9日、オーストリアのクライシュベルクでフリースタイル種目の今季初戦となるビッグエアが行われ、女子は16歳の村瀬心椛(ここも)=ムラサキスポーツ=が合計161・80点で2位に入った。昨季の2位以来、2度目の表彰台。2018年平昌冬季五輪銅メダルのゾイ・サドフスキシノット(ニュージーランド)が162・40点で2勝目を挙げた。

 男子は2季ぶりに復帰した大塚健(バートン)が4位で、国武大晃(STANCER)が6位。マックス・パロット(カナダ)が制し、8勝目。【共同】

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです