メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール 全日本高校選手権 男子東福岡V、女子は就実

【東福岡-駿台学園】第4セット、決勝点となるスパイクを決める東福岡・柳北

 バレーボールの第73回全日本高校選手権最終日は10日、東京体育館で決勝が行われ、男子は東福岡が5大会ぶり3度目の優勝、女子は就実(岡山)が25大会ぶり3度目の頂点に立った。

 東福岡はエース柳北が強打で得点を量産し、駿台学園(東京)を3―1で破った。駿台学園は2大会連続の準優勝。就実は周田、深沢めが攻撃を引っ張り、大阪国際滝井を3―1で降した。大会は無観客で実施された。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです