メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

総括 桐蔭学園、黄金期の予感

【桐蔭学園-京都成章】優勝を決め喜ぶ桐蔭学園の選手たち=小出洋平撮影

 東大阪市花園ラグビー場を舞台に史上最多の63校が参加し、9日に閉幕した第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)で、桐蔭学園(神奈川)は東日本勢として相模台工(神奈川)以来26大会ぶりの連覇を成し遂げた。4強のうち3校は近畿や九州の西日本勢で「西高東低」の構図に変化はないものの、頭一つ抜けた力を示した桐蔭学園の黄金時代到来を感じさせた。

 桐蔭学園は精度の高いパスや鋭い突破力など個々のプレーが注目されがちだが、常に1手、2手先を読む力こそ最大の強みだ。縦横無尽に連続攻撃を仕掛け、意図的に相手選手を密集に巻き込みながら防御の穴を作り出した。相手の力をいなしながらスキを突く、高校生離れした大人のラグビーでもあった。また、頂点を見据えて1回戦から多くの選手を起用。各ポジションの適性を試すなど選手層の厚さは際立っていた。

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです