特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第70期王将戦

第1局 相腰掛け銀の激戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第70期王将戦七番勝負第1局で初手を指す渡辺明王将(手前右)。同左は挑戦者の永瀬拓矢王座=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2021年1月10日午前9時1分、竹内紀臣撮影
第70期王将戦七番勝負第1局で初手を指す渡辺明王将(手前右)。同左は挑戦者の永瀬拓矢王座=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2021年1月10日午前9時1分、竹内紀臣撮影

 渡辺明王将(36)に永瀬拓矢王座(28)が挑戦、将棋界の新年の幕開けとなる第70期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、島田掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル、立飛ホールディングス協賛)は10日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で始まり、午後6時1分、渡辺が77手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は渡辺3時間38分、永瀬3時間42分。11日午前9時に対局を再開する。

 掛川城では12期連続、開幕局は10期連続の開催。松井三郎市長が恒例の振り駒を行って第1局は渡辺の先手番となった。

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1529文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集