メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖面に広がる氷の芸術「アイスバブル」 北海道・上士幌町の糠平湖

湖底からわき出たガスなどが湖面近くで凍り、何層にも閉じ込められてできた「アイスバブル」=北海道上士幌町の糠平湖で2021年1月6日、貝塚太一撮影

[PR]

 北海道上士幌町にある糠平湖の湖面に「アイスバブル」が姿を現している。自然が作り出す円盤状の造形美を一目見ようと、写真愛好家らが集まっている。

 アイスバブルは、湖底からわき出るガスなどが湖面近くで凍り、何層にも閉じ込められてできる現象。例年、湖面が凍ってから雪が降り積もるまでの短期間しか見られない。

 現在はうっすら積雪していて湖面をかき分けると見ることができた。今後、積雪が増えるにつれて徐々に見えにくくなる。【貝塚太一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです