メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・沿岸南行記

「神様のご加護」 津波が押し寄せたが神社は残った

下増田神社に参拝する北釜地区の元住民。奥には仙台空港のターミナルビルが見える=宮城県名取市で2021年1月2日午前11時14分、滝沢一誠撮影

 宮城県名取市の下増田神社は雪化粧し、境内の裏手にある防災公園ではたこ揚げをする子供たちが走り回っていた。新年を迎えたばかりの2日。小高い丘の上にぽつんと建つ神社の社殿にはしめ縄が飾られ、10年前のあの日まで近所に住んでいたという初詣客の姿もあった。

 周囲に見えるのは、仙台空港のターミナルビルや隣の寺、…

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文1862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 世界を変えた女の子

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです