カジノへの送客会社前社長 賭博で1億5000万円使い込みか 多額の使途不明金も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 海外のカジノに客を送り込んで報酬を得るジャンケット業者「ナインアンドピクチャーズ」(大阪市)の前社長(52)が2019年9月、自己破産を大阪地裁に申し立てた。関係者や内部資料によると、カジノ事業に絡んで資金提供者から少なくとも4億円超を借り受けるなどしたが、返済していない。このうち中国・マカオのカジノ事業者に預けた約1億5000万円をバカラ賭博で自ら使い込んだ疑いがあるほか、多額の使途不明金もあり、現経営陣は刑事告訴・告発を検討している。

 前社長は07年、国内初とされるジャンケット業者としてナ社を設立。アジア各地のカジノと契約を結んだ。事業拡大のために14年7~9月、ナ社とマカオの現地法人の代表として大阪市内の男性から貸付金などとして3億5000万円を提供された。

 うち約1億5000万円(1000万香港ドル)については、14年11月、現地法人を通じてマカオのカジノに「保証金」として差し入れた。客は事前に現金をナ社に預け入れた分で賭けるため、保証金は基本的に減らない。しかし、内部資料によると、前社長が16年1月までにほぼ同額分をバカラ賭博に使ったが、原資はこの保証金で、補塡(ほてん)はごくわずかだった。

 ナ社は客の賭け金に応じた手数料をカジノから受け取るが、…

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1937文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集