メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

W杯ジャンプ、小林陵侑は7位 男子第13戦、佐藤幸椰が8位

 W杯ジャンプ男子個人第13戦で7位に入った小林陵侑=ティティゼーノイシュタット(共同)

[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は10日、ドイツのティティゼーノイシュタットで個人第13戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、小林陵侑は135メートル、132・5メートルの合計280・3点で7位に入った。佐藤幸椰は130メートル、136・5メートルの279・2点で8位。

 1回目に最長不倒の140メートルを飛んだハルボルエグネル・グラネル(ノルウェー)が逃げ切り、299・4点で今季、通算ともに6勝目を挙げた。

 中村直幹は22位、小林潤志郎は23位、2回目に進めなかった佐藤慧一は45位だった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです