メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/194 澤田瞳子 画 村田涼平

 まんじりともせぬまま夜を過ごして起き出せば、明るみ始めた空の下で、男たちがそれぞれの馬の背に鞍(くら)を置いている。狩りだけに挂甲(けいこう)草摺(くさずり)こそつけていないが、いずれも矢を満たした胡籙(やなぐい)を背負い、腰に大刀を帯びている。その中に葛城(かつらぎ)・大友(おおとも)親子や中臣(なかとみの)鎌足(かまたり)、大(おお)海人(あま)の姿を探す額田(ぬかた)の背を、

「さあさあ、男君の雄々しい狩姿に見惚(みほ)れるお気持ちは分かりますがな。女人がたはこちらに集まってくだされ」

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです