特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

第97回箱根駅伝 大舞台で力の限り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
リモート取材で、緊張する記者に対し、終始にこやかな笑顔で話してくれた宮下選手
リモート取材で、緊張する記者に対し、終始にこやかな笑顔で話してくれた宮下選手

 2、3日に開催された第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は、新型コロナウイルス対策で同駅伝史上初となる無観客レース。沿道からの大声援を送れない異例の大会となった。キャンパる編集部は毎年、同駅伝に取材班を組み、注目の1大学に絞ってチームの様子を詳しくお伝えしてきた。しかし例年のように密着取材ができない今回は方式を変更し、取材記者がそれぞれの視点で期待を寄せた選手3人にフォーカスした。リモート取材で語ってくれた、大会にかける思いと、コロナ禍の重苦しい空気を振り払う、晴れ舞台での活躍ぶりを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り3566文字(全文3821文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集