メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

バレエダンサー 小林十市/2 米国で「個」の成長

「10代のハイライト」と語る「シンフォニー・イン・C」。中央が小林十市=ⒸPaul Kolnik

 やんちゃ盛りの10歳で「母に命令され」、小林紀子バレエアカデミーの門をくぐった。既定路線は師の母校である英ロイヤル・バレエスクールへの留学。だが7年後、小林十市は米国へ向かっていた。

 「古典よりも現代作品に向いている」と、国際コンクールの審査員に助言されたのがきっかけ。少年の目は一気に「憧れのミハイル・バリシニコフがいるニューヨーク」へと転回し、スクール・オブ・アメリカン・バレエ(SAB)の入試に臨む。「基礎を見ただけで『来週から稽古(けいこ)に参加して』と。拍子抜けするほどあっさりと」運命が決まった。ニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)の付属校とあって公演は見放題。「バリシニコフらスターが同じ稽古を受けに…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです