メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク元社員逮捕 5G情報持ち出し容疑 楽天モバイル転職

 第5世代通信規格「5G」などに関する営業秘密を勤務先だった携帯電話大手ソフトバンクから不正に持ち出したとして、警視庁生活経済課は12日、楽天モバイル社員、合場(あいば)邦章容疑者(45)=横浜市鶴見区仲通3=を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)容疑で逮捕した。5Gを巡っては携帯各社による顧客の獲得競争が激化しており、同課は持ち出された情報がどのように使われたのかを調べる。

 逮捕容疑は、ソフトバンクの社員だった2019年12月31日、自宅から私用のパソコンで同社のサーバーに接続し、5Gを含めた基地局の効率的な配置に関する営業秘密の技術情報が入ったファイルを自分にメール送信し、保存したとしている。合場容疑者は翌日付で競争相手である楽天モバイルに転職していた。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです