メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

韓国風ピリ辛チキン レタスと韓国のりのサラダ

韓国風ピリ辛チキン(手前)とレタスと韓国のりのサラダ=大阪市北区で、菱田諭士撮影

巣ごもりで異国の味を

 巣ごもりで始まった2021年。「外食も行けないので、家で違う国のお料理を味わえるようにと、子どもたちが考えてくれました」と西川ヘレンさん。いつもと違う韓国風の2品、ピリ辛チキンとレタスとのりのサラダを作ってもらいました。

 鶏のむね肉をコチュジャンなどで味付けしたピリ辛チキンは「若い人や子どもたちが好きですよ」。そう言うヘレンさんが誰よりもよく食べるそうです。辛いのは苦手なヘレンさんですが、これはちょうどいい辛さみたいで。

 脂分がないけれどもだしが出て、なにより安いむね肉が、この料理には合うんです。火が通りやすいように薄めのそぎ切りにし、酒を振りかけます。ここがポイント。「お肉がフワーッとするんです」。かたくり粉をしっかりまぶして、フライパンで揚げ焼きにします。揚げ焼きだと油が少なくて済むので楽ですね。

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです