メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2021知事選・問われる針路

/中 人口減少 給与や待遇改善へ 女性の定着、カギ /山形

若年女性の流出阻止などを検討する若年女性県内就職・定着促進協議会=山形市で2020年12月25日、的野暁撮影

 「山形での暮らし方に未来を感じられない」。2020年11月27日、若年女性の転出超過率が全国ワースト4位であることに危機感を抱いた県が、改善策を検討するために設置した「若年女性県内就職・定着促進協議会」で、厳しい意見が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです