メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋のまち・掛川城対決

第70期王将戦 第1局 渡辺王将先勝 心理分析に熱視線 リモート大盤解説 /静岡

 渡辺明王将(36)に永瀬拓矢王座(28)が挑戦する第70期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催、囲碁将棋チャンネル、立飛ホールディングス協賛)の第1局(後援=掛川市、市教委、静岡新聞社、静岡放送、協賛=島田掛川信用金庫、ゼロの会、協力=日本将棋連盟掛川支部、同浜松支部)は11日、掛川市の掛川城二の丸茶室で2日目を行い、渡辺王将が125手で永瀬王座を降し、1勝目を挙げた。渡辺王将は掛川城対決で6連勝を飾った。

 この日は二の丸茶室に近い大日本報徳社仰徳記念館で、正立会の森内俊之九段(50)と副立会の神谷広志八段(59)らが大盤解説。新型コロナウイルス感染症対策として、掛川市立第一小体育館にリモート配信され、午前10時から約40人の将棋ファンが見入った。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです