メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日式介護」滋賀で学んで 技能実習生、中国・湖南省から受け入れ 「語学レベル高く知識ある」 /滋賀

中国・湖南省とウェブ会議システムをつなぎ、面接が実施された=大津市和邇高城の高齢者グループホーム「志賀の里」で2020年12月21日午前10時50分、菅健吾撮影

担当者ら期待

 県は、友好都市提携を結ぶ中国・湖南省から介護現場で働く人材の受け入れを開始する。2020年12月には技能実習生の受け入れを希望する大津市内の介護施設で、オンライン面接会を初めて実施した。中国人6人の採用が決まり、5月末以降に来日する予定。担当者は「さまざまな人材を確保したい」と期待を寄せている。【菅健吾】

 国の15年度の推計では、25年までに県内では介護人材が約3400人不足するという。県の推計人口によると、19年10月時点で約141万人のうち、65歳以上の高齢者は26・0%にあたる約36万人。全国値(28・5%)よりやや低いが、超高齢社会(65歳以上が21%以上)は県内にも到来している。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです