メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酔いしれて山陰

/6 島根・雲南 竹下本店 元首相一家ならではの「味」 /鳥取

看板銘柄の「出雲誉」の他、故・竹下登元首相の孫のDAIGOさんの写真、同じく孫の影木栄貴さんが手がけたイラストがラベルに登場する商品もある=島根県雲南市で、目野創撮影

 中国山地の山あいにある「竹下本店」(島根県雲南市掛合町掛合)は創業150年を超える造り酒屋。豊かな湧き水や冬の冷たい空気の中で造られる看板の日本酒「出雲誉(ほまれ)」は海外にもファンがいる。「選挙の神様」と呼ばれた故・竹下登元首相の生家であり、「竹下家」ならではのお酒も。元首相の弟の竹下三郎さん(72)が社長を務める。

 江戸時代末期の1866年創業。出雲誉はコクがあるしっかりした味わいで、販路は米国や中国、シンガポールなどに広がる。他にも元首相の座右の銘を冠した「我が道を行く」、元首相の母校・早稲田大の校歌が由来で大学公認の「都の西北」、さらに純米、無ろ過にこだわる生原酒「KAKEYA(かけや)」などラインアップは豊富だ。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです